FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
STAND POINT
2007 / 05 / 30 ( Wed )
 また知人の話題になってしまいますが…ご容赦ください。

 皆さんは「ホワイトハット」「ブラックハット」という言葉をご存知でしょうか?
 そのまま白い帽子と黒い帽子じゃありませんよ?笑
説明の前に、ちょっとした前置きをしておきます。

 私はかつて大学で情報工を専攻していました。簡単に言えば、コンピュータを扱った勉強です。最終的には大して修練もしないまま、自身の適正を考えた結果として、不向きなんじゃないかと思い立ち、その道を閉ざしてしまったのですが、非常に興味深かった分野であったことは間違いありませんでした。情報工は時代の最先端であるだけでなく、決してルーチンワークの仕事だけでないあらゆる可能性を含んだ世界だったように思えます。
 そして、その情報工の専攻を共にした知人の中に、一際目立つ人間がいました。彼はいわゆる成績優秀者であり、その情報工に対する知識は他を明らかに圧倒していました。そのような理由で、彼は教授達の目にも早くから留まり、一般的な学生より一歩先を進んだ内容を持ちかけられていたようです。彼自身も好意的にそれに応じ、社会的な立場でも注目された彼は、まさに時の人でした。

 さてと、ここからは私の主観です。

 彼は私が見た限り、「ホワイトハット」だったように思えます。「ホワイトハット」とは、端的に言えば、コンピュータ技術を良いことに使う人間、という意味の専門用語です。例として、ティム・バーナーズ=リー氏などが挙げられるでしょう。彼自身人当たりがよく、情報工だけでなく様々な側面で良心的な信念を感じられたことによります。あのまま活躍をしているなら、今は情報技術者として世界に貢献していることはまず疑いありません。そんな彼を心から尊敬します。

 一方で、「ブラックハット」という人間が世の中にはいます。何となく推測はつくかもしれませんが、コンピュータ技術を悪用する人間の意です。例として、ケビン・ミトニック氏などが挙げられるでしょう。(氏は今ではセキュリティ会社で正式に働いています。もう「ブラックハット」ではないということです。)アカウントハック、HPの改竄、秘密情報の入手など、好まれないコンピュータ利用を平気でやってのけます。昔「ハッカー」という言葉がニュースでも引き合いに出されましたが、この言葉は決してブラックハットを意味するのではなく、コンピュータ技術に長けた人間の尊称を指し、正確には誤用である、というのが正です。


 最後に。実は「グレーハット」という言葉も存在します。意味はお察しください。私は、これに一番近かったのかもしれません。


 いや、人はみんな「グレーハット」なんでしょうね(最後に意味ありげ
スポンサーサイト
17 : 47 | 未分類 | コメント(1) | page top↑
<<"Concept Design" | ホーム | もう一人のロナウジーニョを求めて>>
コメント
*  *

>***様

コメントありがとうございます。
当ブログは思いつきによるテキトー雑記なので、
ご期待には添えないかもしれませんが…。
よろしければまたお越しくださいませ<(_ _)>
by: sou@adm. * 2007/05/30 23:37 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。