FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
もう一人のロナウジーニョを求めて
2007 / 05 / 29 ( Tue )
 今や立場は、完全にアウェー。


 幾らか長文であることを、最初に表明しておきます。

 私がまだ小学生のころ、交換留学か何かで来ていたらしい、あるこどもがクラスメイトの中にいた。仮にKとしておきましょう。Kは、ポルトガル語を話すブラジル人の男の子だった。目はくりくりとして、唇が厚く、将来は背も伸びそうな体格。彼は最初は内気だったのか、クラスの中に溶け込めずにいるようだった。程なくして、席替えの季節がやってきた。それは紅葉の季節。
 たまたま席替えをした結果、彼と同じ班になった私は、無邪気なこどもを表すように彼に声をかけた。その時の反応は覚えていないけれど、まだポルトガル語だったろう。次第に彼は班に慣れ、クラスに慣れ、学校に慣れていった。いつの間にか日本語も話していた。彼はスポーツが得意だった。ドッジボールではいつも最後まで残り、サッカーでは何度もゴールを決めていた。彼の中では、人種の壁はもうなくなっていたように思えた。だが気がついた時には、彼は故郷に去っていった。Kへの最初の断片的な記憶はここまでである。

 私が高校生になったころ、小学校の友人であった女の子から電話で、Kが日本に来ている、という知らせを受けた。彼女は楽しそうにこう言った。「今○○橋の下でBBQしてるよ!もちろんKも来てる!他にもたくさん小学校メンバー来てるから早くおいでっ♪」その時は、Kへの思い出はほとんど霞んでいた。彼女と談笑しながらも判断をせかされた私は、無下にもこう言い放った。「この時期は試験勉強で忙しいから、Kには悪いけど参加はやめとくよ」確かにその通りではあったが、ある程度の余裕はあった。深く考えた結果ではなかった。気まぐれだったのだ。そして程なくして、彼はまた故郷に去っていった。

 その少しあと、彼が有名になっている、という噂を聞いた。

 今Kが、どこで何をしているのかは分からない。ただ、彼が妙に私の中で引っかかっている。何故あの時行かなかったのか?そもそも私を覚えているのか?何で有名になったのか?答えが出せない。
 
 Kを探した。netで彼の名前を使う人には、必ずと言っていいほど声をかけた。小学校の卒業文集から、彼の連絡先を調べた。辿れはしなかった。思うことしかできない。Kは今どこで何をしているんだろう?

 きっかけは大事にするべきなんだろう。
 ただ、時間の流れがそれを壊す。
  

 いまだ、彼のことはお探し中であります。いつか見つけられるのかなぁ…。
 ちなみに、ネグロイドじゃなくて、コーカソイド、です。

 
スポンサーサイト
16 : 25 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<STAND POINT | ホーム | 劉邦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。