FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
劉邦
2007 / 05 / 28 ( Mon )
 項羽の方がタイプなんですけどね。


 最近は生活の中で、もう少し統率力をつけたいなーなんて思っています。いわば、リーダーシップですね。ごく普通の日常の中にしても、何かしらの記念行事にしても、あるいはオフ会にしても、統率力が有ってマイナスはないのですから。そんな矢先、古本屋で司馬遼太郎さんの本を買いました。
 題名は、「項羽と劉邦」
 高校で世界史をとっていた方ならまず分かると思いますが、二人とも前漢の端緒である実在の歴史上人物です。もしくは漢文でも、劉邦が沛公として登場するシーンが多々ありますね。そしてお分かりかと思いますが、劉邦の前に項羽は破れ去ったのが伝来の結果です。
 それは分かった。んで、結局何が言いたいんだ!?

 つまりこういうことです。司馬遼太郎さんの「項羽と劉邦」のエピソードの中には、以下のような趣旨が含まれていました。

 項羽は巨漢であり、その並外れた理念と行動力で、数多くの軍人達を配下につけることができた、まさに軍神である。
 一方の劉邦は、項羽ほどの外見は持ち合わせず、女たらしで有名であったが、その人柄で項羽に優るとも劣らない数多くの軍人達をその配下におくことができた、まさに天性の軍神である。

 よって、中国での一つの歴史的考察は、カリスマ性はその他の追随を許さない、という結論に至るわけです。


 話を戻して、こんな大きい話じゃないにしても、実際のところ私はどちら寄りなんだろう…?と思ったわけです。奥が深いですよね。

とりあえず、帝王学からはじめるか…(なんかずれてる
スポンサーサイト
16 : 17 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
<<もう一人のロナウジーニョを求めて | ホーム | 序章-prologue->>
コメント
* リンクのご報告です(≧▽≦)ゞ *

こんにちは~^^

遅くなりましたが、リンクを晴らせて頂きました。
本当に遅くなってしまって申し訳ございません<(_ _)>

紹介文等、何か不都合な点がございましたら、
遠慮なくお申し付け下さい<(_ _)>

それでは、これからも末永く宜しくお願い致します。

閑話休題::
ボクも丁度、今、「項羽と劉邦」を呼んでいますb
もうすぐ中巻が終わるところです(’’b

とりあえず、劉邦を目指して、遊びまわりたいのですが、
これで本当に天下が取れるでしょうか?(マテ
by: テンシ * 2007/05/28 23:31 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

>テンシ様

リンクの件ご承認ありがとうございます。
特に不都合もありませんのでご安心を。
これからもどうかよろしくお願いします<(_ _)>

テンシ様が項羽になれる保証はできませんが、
劉邦になれる可能性は決して低くはないと思います。
是非、天下を治めるために、
ご乱心してお遊びくださいb(←ここ重要)
by: sou@adm. * 2007/05/29 01:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。